読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中は極力、体を冷やすことを避

妊活中は極力、体を冷やすことを避けたいものだと思います。

冷える事は血行不良に繋がりますから、妊娠のために必要不可欠な子宮や卵巣の機能を低下させているかもしれないのです。

多くの場合、冷えは足先から感じるようです。

いま、冷えに悩まれている方は、ソックスを使って簡単に冷えを抑える「冷えとり健康法」を生活に取り入れてみるなどして体を温めるようにしながら、積極的に冷え性改善を実施するようにしてください。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?母子ともに健康な体でいるためにも、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと一日当たり0.4mgと発表されています。

これを野菜だけで摂取するのは大変だと思います。

足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。

近年、我が国ではなかなか赤ちゃんを授かれず妊活に苦労されているご夫婦も少なくないでしょう。

少子高齢化が憂慮され、子供を持ちたいと希望していてもなかなか出来ず、苦戦している夫婦は増えつつあります。

国がさらに一致団結してもっと子供が作りやすく育てやすい環境を持った国にすべきだと考えます。

赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。

葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。

良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのにはなくてはならないビタミンなので、夫婦揃って摂取することが、妊娠するためには重要なのです。

さらに、子宮内膜を厚くふかふかにするためにも葉酸は大事な役割を果たし、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。

サプリメント葉酸を摂取するのは、妊娠初期からずっと続けていましたが、妊娠中期にさしかかってからこれからはカルシウムも摂らなければならないと気づいて今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。

いつのまにか、牛乳が合わない体質になっていたことを知らなかったので、激しい下痢になってしまいました。

妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われヘム鉄の配合された薬を服用しましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合された葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。