読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

冷え性は不妊を招くと言われていま

冷え性不妊を招くと言われています。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ちるといった報告があります。

こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。

血行を良くして、代謝機能を底上げするだけでなく、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。

妊活を行っている時は体を温めるものを選んで食べるようにしましょう。

大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、食べることで体を温める効果があり、お勧めです。

それに対して、身体を冷やしてしまうとされる野菜は、キュウリやナスやトマトといった夏に穫れる野菜が多いです。

果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、ジュースとしてたくさん飲んでしまうと体を冷やしてしまうので飲み物についてもあたたかいものを飲む方がいいでしょう。

一度流産を経験しました。

流産してから1年後くらい経つと、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。

今回の妊活では体づくりにも注意しました。

冷え性を治そうと運動を始めてみました。

運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温を上げることができ、冷え性を治すことが出来ました。

自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。

そもそも、葉酸は水溶性ビタミンなので水に溶けやすいのが特長の一つです。

加えて、熱に弱いという特徴も持っているため、調理の時、水の中で長時間加熱すると栄養素が半減することも考えられます。

だからといって、生野菜を大量に食べようとしても実際にはとても無理です。

このことを踏まえるなら、調理中もゆでる時間を最小限にするなど工夫をこらしていくのが食事の中で葉酸を摂取するために大事ですね。

一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか中には気になっていらっしゃる女性もかなりいるはずです。

この答えは、結婚しているしていないにかかわらず、将来妊娠を希望している女性であれば、常日頃から行うべきものと言うこともできます。

一般的には、妊活イコールすぐに妊娠するためのものと思われがちですが、体をより妊娠しやすい状態に近づけるために行う活動を言うのです。

なので、どの時点で開始しても早すぎるということはないでしょう。