読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

徐々に暑さが厳しくなってくると思わずグッと飲める

徐々に暑さが厳しくなってくると思わずグッと飲める冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、妊活を行っている時は普段以上に極力冷たい飲み物は避けた方が無難でしょう。

それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば妊活にもプラスになります。

飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、体を冷やさないように気を付けてください。

妊活中、妊娠中の女性ならば葉酸の摂取が必要です。

葉酸といえば、胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。

ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などの他、葉物の野菜にもたくさん含まれますが、市販のサプリメントや錠剤でも手軽に摂れますので野菜をたくさん食べられない方やあまり野菜が好きでない方は特に良いでしょう。

赤ちゃんが欲しいと思っている方は毎日バランス良く栄養を摂っていきたいとお考えでしょうが、妊娠初期に葉酸の不足が続くと、生まれてくる赤ちゃんに先天性障害が起こる危険が高まります。

水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく体内に蓄積されるものではなく、日々摂取しなければならない性質を持った栄養素なのです。

モロヘイヤやほうれん草などの葉物野菜だけでなく、果物やレバーなどからも多く摂ることができますから、そのような食材を毎日食べるようにしましょう。

一口に葉酸の摂取といいますがいくつか考えられるでしょう。

最もスタンダードで、誰でもできるのは日々の食事から摂取することです。

ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、食事からの摂取だけで妊産婦に必要な量を確保するのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。

必要な葉酸を確実に摂りたいならば、上手にサプリメントなどを取り入れていきましょう。

食後に飲むと、最も効果が上がると覚えておいてください。

妊娠初期には積極的に摂って欲しいと言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。

さて、葉酸を多く含む食品というとほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に豊富に含まれます。

加工食品としては、納豆が葉酸の供給源です。

葉酸を摂れる食材としては、海藻類、海苔などもあるので食生活の中に上手に取り入れ、欠かさず食べられると理想的です。

果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるので間食にはちょうど良いと言えます。