読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

水溶性ビタミンとして知られる葉酸

水溶性ビタミンとして知られる葉酸はどうしても水に溶けやすく、一日の所要量を一度に摂っても体内に十分吸収される前に尿として排出される結果になってしまうのです。

従って、葉酸をサプリなどで摂るときも、時間をおいて分けて飲んだ方が効果があるということに気をつけてください。

葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、強化して摂りたいなら特に、できるだけ効率よく体内で消費されるようにしなければなりません。

妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居ます。

ですが、葉酸というものは熱に弱いため熱を加えてしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。

総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。

妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫婦の協力による結果です。

それはどういう事かといいますと、妊活での男性の役割は大変重要だということです。

子供を産むのは女性だからといって、もしかすると、妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、夫の協力が得られなければ、妊娠の可能性は下がってしまうでしょう。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。

ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。

ですが、いかに大切な栄養素であっても、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

葉酸を摂りすぎると、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。

胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。

流産を経験しています。

ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、だいたい一年位たってから、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、そこから妊活を始めました。

妊娠に適した体になるように、冷え性を改善するために運動することを思いつきました。

結果は、意外とうまくいきました。

新陳代謝が上がったため、低体温が改善し、基礎体温が上がったので悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。