読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体

サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。

妊活中の女性において、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。

どのようなものがお勧めかと言うと、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。

葉酸が持つ効果としては、貧血を予防する効果がありますし、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。

他には、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。

夫婦どちらに対しても是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。

母体内の胎児の発育を促し、先天性障害の危険性を低くするために、葉酸は毎日欠かさず摂らなければならない栄養素だという知識が定着したようですが、水に溶けやすく、熱に弱いビタミンですから、食材から摂れる葉酸だけでは、必要量の摂取はなかなか困難です。

調理の際に失われる葉酸を最小限にする工夫をぜひ学んで欲しいと思いますし、サプリメントや錠剤などで計画的に補うことも積極的に考えていきましょう。

特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、葉酸を摂取する効果はずいぶん広まってきました。

けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだという見方もあるわけです。

葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積されにくいので、早期から葉酸を多く摂っておくことが胎児の身体諸器官を形成するために大事だからです。

そのためには、赤ちゃんが欲しいと思ったら積極的に葉酸摂取をしていくことが肝心だと言えます。

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。

このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が推奨しているんです。

今では葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

また、こうした食品の中には特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦に特に利用されているといったこともあるようです。

葉酸を強化した食品はどこかに特定保健用食品のマークがあるでしょう。

このマークは消費者庁の認可を示しており、その食品に関してそれぞれきちんと審査を行い、食品が認可されることで、特定保健用食品の名称とマークの使用が許されるのです。

この特定保健用食品のマークがあれば消費者庁の基準を満たした食品であることの明らかな証明がされているため、葉酸を添加した食品を選びたいという方は一つの判断材料にしてほしいものです。