読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種であ

皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は大変密接に関わりあっています。

その理由は、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。

当たり前ですが、妊活中であったとしても例外ではありません。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から葉酸を摂るように注意してください。

妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において積極的な葉酸の摂取が求められています。

母子ともに健康な体でいるためにも、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

厚生労働省の推奨では一日当たり0.4mgと発表されています。

これを野菜だけで摂取するのは難しいと思いますから、サプリを活用してみるのが良いと思います。

葉酸を摂ろうと思うと、レバーの他、ほうれん草などに多く含まれると知られていますが、毎日食べ続けるのは無理な話で、所要量を満たすのは結構難しいことです。

きちんと葉酸を摂り続けるためには、食べ物だけで所要量を満たそうと考えず、栄養補助食品や薬も上手く活用することです。

自分の食生活や生活習慣をよく考え、毎日しっかり葉酸を摂るようにしたいものです。

妊活している方にとって、コーヒーの常飲は不安に思う方も多いですよね。

カフェインを多く含んだコーヒーは摂取すると体を冷やしますから、冷えが厳禁の妊活においては避けてた方が良いというのは、その通りでしょう。

でも、コーヒー好きで飲まないとストレスを感じるような方もいるのではないでしょうか。

そんな人は出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、1日に2、3杯のコーヒーを飲んだ方が健康的だと言えます。

まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温計測から始めてみましょう。

基礎体温表をつけていくとその変化で、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。

さて、基礎体温表を作るにあたっては、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意事項もありますから、その通りにしていくのが大切です。

もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。