葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を希望している方や、計画されている方に

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高くなるそうなのです。

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。

例えば吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。

葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も一目瞭然ですので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には良いですよね。

第二子が欲しいとなんとなく思いながら気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、夫婦どちらかの健康状態に異常があるのでは、と思い始めました。

第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、この機会にしっかりと調べてもらって、何もなければ妊活を始めようと二人で話し合って決断したのですが、ふと考えるとこの話し合いが妊活の引き金となりましたね。

効率よく葉酸を摂るためには、食事からの摂取に限定せず、サプリメントなどを補助的に飲んでしっかり量を確保すると良いでしょう。

それから、妊婦さんや母乳を飲ませているお母さんなど通常よりも多くの葉酸を摂らなければならないにもかかわらず食事だけでは葉酸の摂取量が上手く摂れない場合や、悪性貧血の改善を目指して、鉄分とともに、良質の赤血球を増やす目的で注射して投与することもありえます。

暑い時期にはうっかりよく冷えた飲み物が欲しくなりますが、妊活の最中は、いつにも増して出来る限り体を冷やす飲み物は控えた方がいいでしょう。

それに対して、ホットな飲み物をとることは妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。

飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において日頃から体を冷やさないように気を付けてください。