葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ところで、葉酸とはどのような栄養素なの

ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメント葉酸を補給するのも良い選択だと思います。

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。

私には関係ないと思っていましたが、あるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」と相手にされませんでした。

男性にもきっと良い効果があるのではないかと妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。

サプリを飲む前に比べれば、心なしか次の日を気にせずお酒を飲めるようになり、口内炎が悪化しにくくなったのは確かです。

ビタミンB群の一つとして、葉酸は多様な働きをしますが、その中の全身の血行促進が従来から挙げられています。

血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰や肩の痛みやコリ、冷え性不妊なども血液の滞りが引き金になるとされているため、もしそうした症状にお悩みなら意識して葉酸を多く摂るようにすると改善されることもあるようです。

その際、ビタミンEの摂取も行うと血行改善効果は相乗的に高まると言われます。

子供を授かりたいと思うならば日頃から栄養のバランスを考えたいものですが、特に葉酸の不足が問題で、赤ちゃんが先天性障害を負う危険性が高まります。

水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく毎日補充しないと不足してしまう栄養素だということを頭に入れておいてください。

葉物野菜、例えばモロヘイヤやほうれん草はもちろんですが、果物やレバーなどは葉酸が豊富な食材なので、葉酸の多い食材を、毎日意識して食べましょう。

徐々に暑さが厳しくなってくると何気なくグッと飲める冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、普段はもちろん、妊活している時には極力冷たい飲み物は避けてください。

その逆に、温かくしてある飲み物を飲むと血液循環が改善して、妊娠に重要な役目を果たすホルモンの働きもよくなります。

飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、体を冷やさないように気を付けてください。