読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

二人目が欲しかったのですが、なかなか

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、言い出しにくい感じがしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

料金は1回2800円で安価でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。

それで、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。

私はラッキーだったのか、それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。

特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気を付けてください。

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。

サプリであれば、一日の摂取量が一目瞭然ですので、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には葉酸サプリをおススメします。

妊活を出来るだけ効率的に進めたいという場合は、先に産婦人科で一通りの検査を受けるようにしましょう。

検査の結果、体に問題が発見されなくても妊娠のための専門的なアドバイスや基礎体温から排卵周期を知って性生活に相応しい時期の指導も受けられるので、心強いですよね。

妊活をはじめる時から自主的に産婦人科を受診しておくようにしましょう。

葉酸は妊婦が積極的に摂るべき栄養素だと広く知られていますが、摂取不足になるよりはと、過剰に摂取するのもいろいろな副作用の症状が出てきます。

吐き気や食欲不振、じんましんなどどこに副作用が現れるかはいろいろですが、その影響は胎児にまで及ぶとされています。

葉酸は水溶性で、体内に蓄積されにくいとはいえ、くれぐれも過剰摂取にならないようにしてサプリメントにも標準摂取量が示されていますから、それを大幅に超えないようにしましょう。

葉酸を妊娠初期に摂ると、胎児の発育に良いというのは、結構多くの人が知っている話です。

実のところ、妊娠1ヶ月前から少しずつ葉酸サプリなどの摂取を始めた方が良いということを耳にしたことはありますか?ですから、妊活を始めようとしたときが葉酸の摂取を意識して欲しいタイミングなのです。

さて妊活を、と思ったらどのくらい葉酸が摂れているか、生活を見直してみませんか。