読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

水溶性ビタミンである葉酸は空腹時に最も吸収されやすいた

水溶性ビタミンである葉酸は空腹時に最も吸収されやすいため、葉酸を最も効率よく摂取できるのは食間だというべきでしょう。

一度にたくさん摂って一日分の量を満たそうとするより、数回に配分して摂った方が効果を発揮できるといわれています。

一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、夜寝ていると、肝臓の血流量は減少するため、寝る前に摂るのが最もおすすめの時間帯です。

漢方は妊活に使われることもあります。

漢方の持つ体質改善効果により身体を妊娠しやすくすることが出来るのです。

ここ最近ではドラッグストアでも買うことができ、簡単に買うことが出来ます。

お金が気になる方は、不妊治療に漢方を処方している病院の受診をおすすめします。

診察を受けなければなりませんが、健康保険を使うことが出来ます。

みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。

葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。

その中でも含有量が多いものは、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。

あるいは納豆や枝豆、ホタテもそうです。

このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのはちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。

サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。

サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できます。

よく言われているように、妊活する女性にとって、体が冷えてしまう事は避けたいものですよね。

冷えは血行不良を引き起こしますので、子宮や卵巣の機能を不調にさせるかもしれないのです。

冷えは体の末端から始まりますので、もし、冷えを感じているならば、ソックスを活用して気軽に実施できる「冷えとり健康法」を行うなど、体を冷やさないように注意しながら、冷え性を改善するようにすると良いと思います。

「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つはとても関わり合いの深いものですよね。

それというのも、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

この話はもちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。

妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。