葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が

女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が葉酸だということはずいぶん知られるようになりましたが、それだけでなく妊娠後期に入っても妊婦にとって葉酸は欠かせない栄養素の一つなのです。

妊娠後期まで葉酸を摂ることで、赤ちゃんは発育が促され、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。

無事に妊娠初期を乗り切った後も、できる限り、葉酸を妊娠中から授乳が終わるまで多めに摂ることを心がけて欲しいのです。

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では全体の約4%というのが平均的な数値です。

奇形のリスクは高齢出産などで高くなりますが、ある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が葉酸だということが知られるようになってきました。

特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな初期から中期にかけて必要な量を摂取しなければならないので、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって絶対欠かせない栄養素と言っても決して言いすぎではありません。

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、体内に蓄積するということはありません。

ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。

実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された用法を守って摂取するようにしてください。

母体内の胎児を健康に育てるためには、葉酸が積極的に摂って、必要量を確保しなければならないとかなり知られるようになりましたが、ビタミンB群の一つなので、熱には弱く、葉酸を十分に摂ろうと思ったら、食事のみだと毎日続けられるものではありません。

調理の際に失われる葉酸を最小限にする工夫を知って実践して欲しいですし、サプリメントや錠剤などで計画的に補うことも一度は検討するべきです。

妊活の最中はよく飲む飲み物にも気を遣わねばなりません。

カフェイン入りの飲料は受精卵が着床するのを妨害したり、体を冷やしてしまう恐れがあり妊活をしている時には避けた方がいいでしょう。

体を温めるお茶で、しかもカフェインが入っていないものを飲むのがいいです。

成分にミネラルを多く含有しているルイボスティーや漢方としても知られているたんぽぽ茶などがいいでしょう。