読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は、胎児が母体内で順調に発育するた

葉酸は、胎児が母体内で順調に発育するために必要量を確保しなければならない栄養素ということが定着してきましたが、元々の性質が、熱に弱く、水に溶けやすいので食材から所要量を全て摂ろうとすると毎日続けられるものではありません。

葉酸の損失を少しでも減らせるような調理法を知っておけば役に立ちますし、補充のためにサプリメントなどを活用することも積極的に考えて欲しいです。

妊娠してから病院が行う栄養指導や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。

実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。

レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。

食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。

葉酸と言えば、レバーとかほうれん草とかにたくさん含有されていますが毎日、毎食食べると考えればかなりの負担になりちょっとのことで摂取不足になってしまいます。

所要量の葉酸を毎日摂りたいと思えば、食事だけを頼りにして必要な量の葉酸を摂ろうと思わず、栄養補助食品や薬も上手く活用することです。

自分の食生活や生活習慣をよく考え、葉酸の所要量を満たすことを目指してください。

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、大切な栄養素とは言っても、摂取量に気を付けてください。

サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。

ですがサプリには食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が入っているため、決められた用法と容量を必ず守ってください。

葉酸を摂りすぎると、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。

胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。

妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

赤ちゃんが健やかに育つように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

厚生労働省の推奨では1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、葉酸不足の心配もあります。

ですのでサプリを活用してみるのが良いと思います。