葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

特に女性の場合は、どんな形であれ妊活をしている

特に女性の場合は、どんな形であれ妊活をしている間は、お酒を飲まないように指導されることが普通です。

それは、妊活中はいつ妊娠が発覚するか分からないので女性が自分でも妊娠していると分かっていない時にアルコールがお腹の中の赤ちゃんに影響しないようにするためです。

それから、お酒の作用にはホルモンバランスを乱したり、冷えを引き起こす原因となるため、妊娠の確率を上げるためには避けた方がよいでしょう。

妊娠しやすい体づくりのための生活をする妊活ですが、ぜひ普段から実践していただきたいものが、歪んだ骨盤を整える事なんですよね。

インターネットや関連書籍では、妊活中の体に負担のない体操などを紹介する動画がたくさんあります。

体の器官の中でも、妊娠に関する大切なものは骨盤内にあるのです。

ですから、骨盤の歪みを整え血液の流れを良くしてあげることで妊娠に適した体になるという訳ですから、妊活中の骨盤矯正の重要性が分かると思います。

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそうではないのです。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が重要な期間だという事です。

ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

妊娠初期に、特に大事な栄養素といえば葉酸です。

妊娠初期に脳とか神経系が作られていく過程で、葉酸細胞分裂を盛んにする働きがあるからです。

何をどれだけ食べれば葉酸が十分に摂れるか教えて欲しい、大体知っているが十分な量を摂れないといった問題があるならば、青汁など、葉酸を効率よく摂れる食品の活用を考えてみましょう。

赤ちゃんとお母さんの健康を考えて、積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。

妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。

でも男性にも出来る妊活があるんです。

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

流産や不妊の原因因子として、母体にあるばかりでなく、意外にも男性側の問題だというケースもあります。

特に注意すべきは精子の染色体異常です。

受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。

葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。