読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠がわかってから、妻は葉酸の

妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。

初めは静観していましたが、妻に、自分も飲んでみたいと言ったところ、「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」と相手にされませんでした。

しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうとこっそりサプリメントを飲み始めました。

劇的な変化はありませんが、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎を起こすことが少なくなってきました。

特に女性の場合は、どんな形であれ妊活をしている間は、お酒を飲まないように指導されることが普通です。

それは、どの時点でも、もしかしたら妊娠している可能性があるかもしれないと考えて妊娠が分かっていない時期に、アルコールの影響が胎児に及ばないようにするためです。

また、飲酒をしているとホルモンバランスは乱れやすくなり、体が冷やされるので妊活中の女性にとっては避けるべきものだからです。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。

妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。

摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の場合は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリメントで不足分を補給しても大丈夫です。

妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活から改めるのも大事でしょう。

両親の体の中で精子卵子ができるわけですし、乱れた食習慣を続けていては受精しやすい活発な卵子精子)というのは、あまり期待できないでしょう。

妊娠を望むなら、まずは体作りです。

健康的な食生活を続けていくことが大事です。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で摂る事です。

葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。

また、他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。

このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは難しいということもあるでしょう。

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

そうした時にはサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。

サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できますから、おススメです。