読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠がわかった直後から葉酸サ

妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。

妊娠中期に入った頃、突然、赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。

急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていてお腹がごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。

それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄剤を飲む羽目になりましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるようなサプリを探して飲むべきでしたね。

アロマには心身のバランスを良くする作用があり、妊活の場面でも役立っています。

そのため、待合室にアロマを活用している病院まで登場しているぐらいです。

特にローズは妊活中の女性に人気のあるアロマです。

ホルモンバランスの乱れを整え、ストレス解消に効果があるアロマです。

心配事を打ち消して、妊娠には不可欠な女性ホルモン分泌促進作用を持つイランイランも妊活には効果があると言われています。

妊娠初期には葉酸が不足しがちと、いろいろなところで言われています。

それに加えて、妊娠の1ヶ月前から葉酸サプリなどの摂取を始めた方が良いということを耳にしたことはありますか?ですから、妊活を始めようとしたときが葉酸サプリなどの摂取をおすすめするタイミングなのです。

妊娠に向けてがんばりたい、と思うならどのくらい葉酸が摂れているか、生活を見直してみませんか。

妊娠する前も妊娠中も同様に可能な限り体に悪いものを取り除いていかねばなりません。

そういう意味でも、妊活中はたばこを吸うのはやめましょう。

タバコは「嗜好品としてのリラックス効果」というものはあっても、体に悪いものです。

愛煙家の方は、禁煙のスタートも妊活に繋がるはずです。

妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

大事な栄養素が含まれていますから、摂取が推奨されます。

また、栄養バランス良く多くの食材から栄養をとるのが健康維持にもつながるのも事実です。

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので産後までは我慢したほうが良いですね。