読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特

妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

最も妊活で重要なのは基礎体温の測定です。

基礎体温を測っていれば、身体の状態の把握が可能で、現在、妊娠しやすいのかそうでないのか、その時点での妊娠の可能性や排卵日がいつかなど妊活中に知っておかなくてはいけないことがわかるでしょう。

ついでにいっておきますと、基礎体温はどういうものかというと、朝起きてすぐに検温することで知ることができるものです。

妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。

体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿などに混じって排出されています。

ですから、体内に蓄積するということはありません。

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。

葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

葉酸サプリを飲む場合には、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

妊活中に黒豆茶を摂取することは、とても合理的なものだと言えます。

黒豆茶はカフェインを含有していませんから、妊活にも安心な飲み物ですし、原材料である黒豆の成分であるイソフラボンが妊活に必要な女性ホルモンに似た作用をするからなのです。

イソフラボンを十分に摂っておくと体のバランスを整えてくれますから、欠かさずに黒豆茶をホットで飲むことで、さらなる効果が期待できますね。

人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず全身の血液循環をよくすることは特に大事な役割です。

身体に様々な悪い影響を及ぼすのが血液循環の滞りで、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性不妊を引き起こすともされているのでもしそうした症状にお悩みなら一度、葉酸を摂るように努めてみると症状の改善につながるのではないでしょうか。

このとき、ビタミンEも摂るようにすると血行改善の効果はさらに高くなります。