葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だと

葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。

しかし、いかに大切な栄養素であっても、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。

胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。

特に、妊娠中の方であれば葉酸の摂取はとても大事です。

葉酸といえば、葉物の野菜に豊富に含まれています。

よく知られている食材としては枝豆、ほうれん草などです。

ことにほうれん草は葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も多く含有する食材であり、ぜひ毎日の献立に取り入れることをすすめます。

妊婦の方の中でも、葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんもいらっしゃると思います。

しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。

ですから加熱調理してしまうと、葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不十分かもしれませんので、気を付けてください。

今、二人子供がいます。

二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。

長男が生まれていましたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。

本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けを実践していました。

妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別が分かるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。

産み分けをして良かったと思っています。

葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので吸収率のピークが空腹時なので、葉酸を最も効率よく摂取できるのはベストなのが食間です。

一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより可能な限り数回に分けて摂れば身体のためには良いのです。

一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが一番良いとされます。