葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると

妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。

ですから、食べ物から摂取する場合、調理には気を付けてほしいポイントがあります。

葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、熱を通す必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱を通す程度にした方が良いです。

こうした調理や食事が負担だと考える方は、葉酸サプリメントを活用するのが一番簡単だと言えますね。

ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が比較的多く含まれているのです。

葉酸を摂ることを目的としてゴーヤーを献立に取り入れるのは良いとされますが、どんなに食べても良いというわけではないのです。

大量に食べてしまうと、食後の胃もたれや下痢が現れる人もいるそうです。

もしも不調が続けば、結果的には胎児にも良くないのです。

お腹に赤ちゃんがいるとわかったときから大切なのは葉酸の摂取です。

継続的な葉酸の摂取によって、赤ちゃんの発育は促進されますし、妊娠中の女性の健康のためにも大事な栄養素だと言えます。

葉酸はどうしても、普段の食事だけでは摂取が難しいものです。

毎日安定した量の葉酸を摂るために補助的にサプリメントや錠剤を使うのも、一つの手です。

ビタミンB群の一つとして、葉酸は多様な働きをしますが、その中の全身に血液が良く行きわたるようにすることがかなり知られています。

血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性不妊を引き起こすともされているのでもしそうした症状にお悩みなら意識して葉酸を多く摂るようにすると少しずつ良くなってくるかもしれません。

同時にビタミンEを多めに摂ることで、血行改善の効果はさらに高くなります。

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。

タイミングを見計らって努力しても、出来ない時は出来ないのだと感じました。

義妹や姉のところに子供ができると、やりきれない気分でした。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。