読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

必要な葉酸の量は、妊娠中の女

必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと妊娠していない人より多くなり、妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ不足にも過剰にもならない量です。

ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、過剰摂取にならないよう気をつけましょう。

大量の葉酸を摂り続けると発熱、かゆみなどの身体症状を引き起こす可能性があるので、毎日たくさん摂るのも考えものです。

マカというものがあります。

これは、効果として、男性のスタミナアップが挙げられるのですが、それだけではありません。

妊活中の女性の、血行を良くするような効果が期待できるので、体をより妊娠しやすい状態に近づけることが出来ます。

それだけではなく、乱れがちなホルモンバランスを安定させる作用もあるので、基礎体温も正常な変化を示すようになり、体内環境を改善することに貢献してくれます。

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。

青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツで言うと、イチゴが有名です。

あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと一般的に言われています。

その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。

アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。

元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。

ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースで補うのも良いと思います。

皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。

葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。

必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。

ですので、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。

しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どの成分に注目すればよいのか分からないという方が殆どだと思います。

総合サプリの選び方で悩まれている方は、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。

妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。

多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?例えホットコーヒーであってもカフェインが体を冷やしてしまうため、妊活中は止めておいた方が良いのは間違いありません。

けれども、普段からコーヒーを愛飲していて我慢できないという人も居ると思います。

そんな場合はストレスを無くすことを優先して、過剰摂取にならない1日3杯程度までを満喫するのが良いでしょう。