葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活という言葉を聞いたことがある人は多いと思い

妊活という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

この言葉は、文字通りの意味で、妊娠するためにする、様々な活動を含めて使われる言葉です。

言うまでもないことですが、夫婦の営みを持ったとしても絶対に妊娠するかというとそういう訳ではないので、子供を産み育てたいという夫婦にとって、妊娠しやすくするための活動だということができるでしょう。

それと同時に、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われるいろいろな活動も含まれます。

友達と話していたら、葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。

使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが良いんじゃないかと考えているようでした。

友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いとテレビで見たことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。

やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと思う今日このごろです。

妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

具体的には、普段の食事に加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。

葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが心掛けたいですね。

流行している黒豆茶ですが、妊活中の女性が積極的にこのお茶を摂取することは大変良い組み合わせなのです。

なぜなら、黒豆茶はノンカフェインのお茶ですから、たとえ妊活中でも安心して飲むことが出来ます。

そのうえ、黒豆茶に特徴的なイソフラボンという成分が女性ホルモンに近い働きをするからです。

ご存知のように、イソフラボンは十分に摂取することで体のバランスを整えてくれますから、毎日欠かさず温かくした黒豆茶を飲むことをおススメします。

次は女の子が欲しいと決心してから、どうやったら産み分けができるのか、本やサイトを丹念に調べて実行しました。

野菜を食べれば女の子ができる、お肉を食べると男の子ができるといった決定的な方法はないみたいですが自分たちでできることは全て試しましたね。

産み分けを実行している途中で赤ちゃんがお腹にいることがわかり、つわりがひどいときもありましたが、葉酸サプリをきちんと飲んでいたためか無事に女の子を産むことができたのです。