読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

とりわけ妊婦の場合、赤ちゃんが問題なく育つために

とりわけ妊婦の場合、赤ちゃんが問題なく育つために栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。

その名「葉」の通り、野菜の中でも葉物野菜に多く含まれているのかと思い込んでしまいますが果物にも案外豊富に含まれ、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。

葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないため葉酸が豊富な食材について調べ、日々の食事の中で、欠かさず摂れるようにしましょう。

女性の場合は赤ちゃんがほしいなら、飲酒は控えるよう指導される場合が多いです。

それは、妊活中はいつ妊娠が発覚するか分からないので妊娠しているという認識がまだない時期に、アルコールがお腹の中の赤ちゃんに影響しないようにするためです。

そして、アルコールの作用によってホルモンバランスが乱れたり冷えやすくなるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには避けるべきものだからです。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

厚生労働省の推奨では1日あたり0.4mgとなっています。

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

これを野菜だけで摂取するのは大変だと思います。

サプリを活用してみるのが良いと思います。

不妊体質を改善するために、食生活から改めるのも重要なことだと思います。

精子卵子を作るのは親となる人の体ですから、食生活が良くないのを放置していると、活発な卵子精子は期待できませんよね。

妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。

栄養バランスの良い食生活を大事にしていくといいでしょう。

女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方が変わる要因となるため変化で身体がストレスを感じ、ストレスが自律神経に影響することもあります。

ホルモンバランスが変動することや、毒素を排除しようとすることによって、つわりは生じてくるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じることも考えられます。

ビタミンB群の一つである葉酸は、ストレスによる自律神経の乱れを軽減するように作用するのでつわりの軽減にもつながると言えます。