読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸の性質として、水に溶けやす

葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、効率よく葉酸を摂ろうと思ったら食事と食事の間、食間が最も良いのです。

可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、何回かに分けて摂っていくと効果はあるとされます。

また、一日の中では肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。

妊活している方にとって、コーヒーの常飲は不安に思う方も多いですよね。

例えホットコーヒーであってもカフェインが体を冷やしてしまうため、体の冷えを取り除く必要のある妊活ではあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。

ですが、これまでにコーヒーをよく飲んでおり我慢できないという人も居ると思います。

そんな場合は出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、1日2杯から3杯を上限に飲んだ方が健康的だと言えます。

待望の子供を授かって、極力身体に良いことをするように努めました。

初期の間こそ、身体に気をつけなさいと母も医師も同じことを言っていたからです。

いろいろなサイトや雑誌をチェックすると、積極的に葉酸を摂って、赤ちゃんの発育を促しましょうと書かれていたので思い立ったとき、すぐにサプリメントを買いました。

思うように食べられないときもありましたが、何とかサプリを飲むことができたため空腹でも飲めたのがありがたかったです。

赤ちゃんがほしくて妊活をされている方は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。

野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、食べることで体を温める効果があり、お勧めです。

また、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの旬が夏の野菜が挙げられます。

果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、ジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、あたたかい飲み物がベターです。

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。

葉酸を多く摂るのはいつまでか、という疑問が生じると思いますが、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。

もしそこまで長く摂れないようであれば、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは葉酸を多く摂るよう心がけてください。

なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなくお母さんにとっても重要な栄養素です。

欠乏しないように意識的に摂ることが必要とされています。