葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠前、妊娠中には出来る限り健康に悪い影響を及

妊娠前、妊娠中には出来る限り健康に悪い影響を及ぼすものを排除する方が賢明です。

そういうわけで、禁煙してください。

タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが決して体に良くはないです。

愛煙家の方は、妊活のみならず禁煙も行うべきでしょう。

皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ません。

なぜかと言うと、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。

もちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。

妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を注意してください。

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

葉酸は、ビタミンのひとつです。

その効果は適切に摂取を続けることで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。

具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

毎日葉酸を摂取するといっても様々な方法を挙げることができます。

最もスタンダードで、誰でもできるのは葉酸が豊富な食材を、毎日食べることです。

現実には、葉酸は熱に弱いのが特長のため食事からの摂取だけで妊産婦に必要な量を確保するのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。

葉酸の摂取量を確保するためにも、サプリメントなどを上手く活用したいものです。

いつ飲めば良いかというと、食事後が最も効果的です。

葉酸の過剰摂取による副作用は、不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気を付けてください。

理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。

しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。

サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか誰でも管理できるので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから最適な方法だと言えますね。