読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

不妊症が分かって妊活に入っていくケースでは、あまりに

不妊症が分かって妊活に入っていくケースでは、あまりにも長期戦となってきてしまうと心身ともに耗弱してしまいます。

そこで何年と期間を設定したうえで、何が何でも夫婦で足並みそろえてがんばろうという話し合いをはじめに済ませておくのが理想的かもしれません。

期間を決めたことがきっかけで、夫婦でよく話し合って決めたことだから諦めないで頑張っていこうと前向きに思い続けることができます。

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。

通常の食事での摂取とは別に、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省が通知を出しています。

葉酸の適切な摂取は、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。

サプリメント葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。

ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることがポイントです。

友人は彼女が妊活をしている時に漢方を服用していました。

その子の話によると、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全に服用できると思います。

彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは大変密接に関わりあっています。

それというのも、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

当たり前ですが、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取をするのが良いでしょう。

胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。

ですから妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが一番良いですね。

サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。

葉酸を効率よく働かせるためにも、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸も効率よく働けるという訳です。

それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。