葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

食材としては、レバーやほうれ

食材としては、レバーやほうれん草に葉酸が豊富だとされますが、葉酸が豊富な食材ばかりで毎日の献立は作れず、毎日十分な量を摂るのは困難でしょう。

きちんと葉酸を摂り続けるためには、食事だけを頼りにしてたくさん摂ろうと考えるのではなく、補助的にサプリメントや薬を使っていけば良いのです。

必要な量と摂っている量のバランスを考え、どうしたら良いか対策を立てて、葉酸が不足しないように行動を起こしましょう。

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸は大変密接に関わりあっています。

なぜかと言うと、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

もちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を意識しましょう。

葉酸を多く含む食べ物ですが、フルーツで言うと、代表的なものにイチゴやライチがあると一般的に言われています。

それ以外では、柿やアセロラキウイフルーツも該当しますし、または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。

簡単に葉酸を摂取したい場合は、オレンジジュースを飲むのも問題ありません。

妊活で必要不可欠なことといえば毎日かかさずに基礎体温をつけるということです。

基礎体温を継続的に測ることで身体の状態の把握が可能となり、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、妊娠の可能性の有無や、排卵日の大体の予測など重要なデータを把握できるのです。

それから、基礎体温は起床直後の体温を測ればわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。

葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、妊娠中期に入った頃、突然、赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。

妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようで激しい下痢になってしまいました。

それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄剤を飲む羽目になりましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合された葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。