葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

子供が少ない家庭が増加して中には

子供が少ない家庭が増加して中にはいわゆる「産み分け」を意識する夫婦も増えつつあるようです。

しかし、今日の日本の医学においてまだ確実に産み分けが出来る方法は見つかっていません。

そういったことはよく分かっており、そうは言ってもやはりチャレンジしたいのならば、以下に記述することをやってみてください。

男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に性交渉を持つことが効果があると言われているようです。

特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、妊娠した女性には葉酸の重要性がだいぶ浸透しています。

けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだという立場をとる方も存在するのです。

葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積されにくいので、早期から葉酸を多く摂っておくことが胎児の身体諸器官を形成するために大事だからです。

理想的には、子供が欲しいと思ったら葉酸をしっかり摂取することが子供のためには良いのです。

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離せない関係の二つです。

なぜかと言うと、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。

この話はもちろん、妊活中であったとしても例外ではありません。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を心掛けることをお勧めします。

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。

葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが一番良いですね。

せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。

食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。

一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、空腹時での摂取はおススメしません。

妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。

中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。

ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスが整っていくのです。

パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。

適度に体を動かすことは、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。

こうした運動は体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。