読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

待望の子供を授かって、身体に良いと言

待望の子供を授かって、身体に良いと言われることはできるだけ実践しました。

妊娠初期は身体の変化が大きいので、特に気をつけた方が良いとずいぶん母にも医師にも言われました。

インターネットでも、雑誌の記事でも妊婦には葉酸が不足しがちで、赤ちゃんの発育にも影響すると書いてあったため思い立ったとき、すぐにサプリメントを買いました。

つわりがひどいときにはほとんど食事がとれませんでしたが、そんなときもサプリメントは飲めたので食事をとれないときも飲めて安心できました。

友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。

できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、一度言ったら気が乗らないふうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。

月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、そう簡単には妊娠できず、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。

相乗効果なのか、それからしばらくしたら、下の子を授かりました。

葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。

妊娠後、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の先天異常を発症させにくくするそうです。

十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。

そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを推奨します。

ビタミンの一種である葉酸は、胎児の発育のために多めに摂ることを妊娠初期から心がける栄養素の一つです。

サプリメントやビタミン剤を扱うほとんどのメーカーで葉酸が摂れる製品を売り出していますが、必ず行って欲しいのは、購入時に何が入っているのか全て見ておくことです。

特に、妊娠初期は身体が敏感になっているのでできるだけ無添加無香料の身体に優しい製品を探しましょう。

あなたは「妊活」にどういうイメージを持っていますか?これは、妊娠という生命の神秘をコントロールしようというものなので、絶対に成果が表れるものではありません。

なので、ギブアップする人も少なくありませんが、それは大変残念なことだと感じます。

妊娠の可能性は上昇しているはずなのであまり重く考えずゆっくりと続けてみましょう。