読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

近頃は多くの方が知っていることで

近頃は多くの方が知っていることですが、妊娠中にとどまらず、授乳が終わるまで葉酸は大事な栄養素なのです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれる前と同じくらい活発に細胞分裂を行いながら発育発達が急速に進んでいきます。

そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。

一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、お母さんのためにも、赤ちゃんのためにも欠かせないため、赤ちゃんが欲しいと思ったときから、赤ちゃんが母乳を飲み終わるまで必要な量の葉酸を摂っていきましょう。

葉酸が多く含まれている野菜についてですが、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜に多く含まれています。

病院の検査で妊娠が分かってから、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。

葉酸の適切な摂取は胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があると知られています。

ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのをお勧めします。

葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。

妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。

もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で人体に有害な作用によって妊娠に適さない体になりやすいのです。

もちろん、喫煙の影響は女性のみの問題とは言えず、男性も当てはまります。

煙草による障害の発症として、女性の場合は排卵障害ですとか、男性の場合は精巣の機能が落ちるといった事があるようです。

ですから、妊娠を希望している場合は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。

私としましては妊活中にはカイロがかなり使えると思います。

靴下の2足ばき、分厚いインナー、などなど努力しても、私は冷え性持ちなのですぐ体が末端から冷たくなってしまう、ということを繰り返していました。

こんなことでは妊娠しにくいのも当然ですよね。

しかし、雑誌で読んでカイロを使ったらなんと、その冷え性が改善してしまったのです。

皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、衣類の上から貼って使っていれば、妊活にも有効なはずです。

不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。

ときには友人や家族の励ましや、焦りといった感情が不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、相当悩んでいる人もいるのです。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大事かもしれません。