葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中であるにもかかわらず、好んで飲むの

妊活中であるにもかかわらず、好んで飲むのがコーヒーなどで、飲むことが多い人は気を付けましょう。

カフェインには体を冷やします。

体が冷えることによって血液循環が悪くなると、妊娠するのに大切な、子宮の機能低下を起こすのです。

もしあなたがコーヒー好きでも、カフェインの摂取しすぎには注意してください。

赤ちゃんがほしくて妊活をされている方は体を温めるものを選んで食べるようにしましょう。

野菜の中でもとりわけ、大根、ごぼう、人参のような根菜類は、体を温めてくれる作用があるので、いいでしょう。

それとは逆に、冷えを招く野菜は、きゅうり、なす、トマトのような旬となる時期が主に夏の野菜です。

フルーツはデザートとして少しだけ摂るのはいいですが、ジュースとしてたくさん飲んでしまうと体を冷やしてしまうので飲み物は温かくして飲むことをお勧めします。

今後、妊活のしようと思っている女性にやってもらいたいことはまず初めに、母親となるために体内のコンディションを整えることです。

毎日の体の動かし方の癖で体がゆがみ始めますが、中でも骨盤の歪みは著しいです。

そういった歪みによって妊娠しにくくなることもあるのです。

不妊やマタニティに関しての整体治療院が多くなってきています。

赤ちゃんを迎え入れやすく快適に過ごせる環境を作るため適切な状態に骨盤を矯正しましょう。

妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。

とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいらっしゃいますよね。

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。

葉酸はホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。

ですから、普通の食事を摂っていたならば、多少は摂取できているという事ですね。

私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、その手の本やサイトを調べたところ、葉酸の摂取は、妊娠の前から続けていくと障害の発生予防や発育の促進に役立つという点がみんな同じだったので、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。

妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、摂りすぎは禁物ですが、そうでなければ、葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、まだまだ、出産するまで葉酸を摂っていこうと思います。