葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お腹の赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂ら

お腹の赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂らなければならないと思う方も意外に多いようです。

頭に入れておいて欲しいのは、何を食べれば、葉酸が多く摂れるのかです。

名前が「葉」の「酸」なので、葉物野菜を食べれば摂れる栄養素です。

果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くドクターにもおすすめだと言われて、よく食べました。

マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。

とりわけ妊婦の場合、胎児の発育を促進し、障害の発生を抑えるために欠かせない栄養素が「葉酸」でしょう。

その名「葉」の通り、キャベツ、レタスなどの葉物野菜を食べれば摂取できるように思われがちですが、供給源として重要なのが果物で、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。

葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないため豊富に含まれる食材は何か、調べておいて毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。

青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、果物に限った話では、イチゴが代表的ですね。

あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると紹介されています。

他の果物では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。

葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。

葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良いですね。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。

ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。

ですが、いくら必要不可欠な栄養素だと言っても、摂取量に気を付けてください。

サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。

ですがサプリには食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が入っているため、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。

どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。

それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。

当然ですけど、妊娠または出産とは、旦那さんと奥さんの頑張りの結果であると言えます。

これは何を意味するかというと、男性の妊活への協力は必要不可欠であるということなのです。

子供を産むのは女性だからといって、一歩間違うと女性が頑張るしかないと思う方も中にはいるかもしれないですが、男性も協力して取り組まなければ妊娠出来る確率が下がってしまうでしょう。