読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は妊娠初期に多く摂らなければ

葉酸は妊娠初期に多く摂らなければならないというのは広く知られてきたことですが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても赤ちゃんにも母体にも葉酸が本当に必要な栄養素だといえます。

妊娠後期まで葉酸を摂ることで、赤ちゃんは発育が促され、お母さんの貧血や妊娠中毒症を防ぐこともできます。

そのため、妊娠初期を過ぎても、出産後、授乳が終わるまで葉酸を継続して摂っていくべきです。

出来るだけ早く子供が欲しいと妊活する場合、栄養は最も重要です。

太ってしまってはだめですが、ダイエットという考え方は一度忘れ、きちんと栄養を摂るようにしましょう。

おやつも栄養補給のために食べると思えば良いですし、食べ過ぎさえしなければストレスを緩和するのにも適しているでしょう。

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。

青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツの中では、イチゴやライチに含有量が多いと知られていますね。

それ以外では、柿やキウイフルーツアセロラもそうですし、あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースで補うのも良い方法だと言えますね。

ご夫婦が赤ちゃんを待っているとき、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

赤血球を作るのに役立つだけでなく、血液以外の細胞分裂を促進するためにもこの栄養素がどうしても必要なので、ご夫婦で摂ることが大事になってくるのです。

葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、子宮内膜が厚いほど受精卵がしっかり守られ、妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。

人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず全身の血行促進が従来から挙げられています。

血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰や肩の痛みやコリ、冷え性不妊なども血液の滞りが引き金になるとされているため、そういう悩みをお持ちの方は一度、葉酸を摂るように努めてみると改善されることもあるようです。

このとき、ビタミンEも摂るようにすると相乗効果が期待できると覚えておいてください。