葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

冷え性の人は妊娠しにくいと言わ

冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。

体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、代謝が落ちて、排卵障害や子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。

このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。

お灸は緊張をほぐして血行を良くして自律神経の働きを促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。

妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。

ですが、他にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。

なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。

妊活中の女性以外にも、妊活中の男性にも効果があります。

それは、亜鉛の摂取によって精子の量を増やし、質の高い精子の生成をサポートしてくれるのです。

亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。

ぜひご夫婦で亜鉛摂取をすすめてみてください。

初めての妊娠に気づいたときから赤ちゃんのために身体を大事にしました。

とりわけ妊娠初期は注意しなさいと母も医師も異口同音に言っていました。

様々なネットのサイトや雑誌などで妊娠初期から葉酸を多く摂らなければならないと書かれていたので、葉酸サプリメントの購入を決め、すぐに飲み始めました。

つわりのため食事ができないときもありましたが、そんなときもサプリメントは飲めたので食事をとれないときも飲めて安心できました。

体を妊娠しやすい状態にするために、必須なことと言えば、良質な睡眠でしょう。

人間は睡眠が足りない状態が続くと、活性酸素が増えてしまい、それが原因で卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。

年齢が上がっていくと同時に衰えていく性機能を少しでもキープするため、現在、妊活を行っている人は、睡眠をたくさんとるよう心掛けてください。

妊活の最中は日常的に飲む飲み物にも配慮しましょう。

成分にカフェインを含む飲み物は着床を妨げたり、体を冷やす要因にもなるので妊活時の飲み物としては適していません。

体を温めるお茶で、しかもノンカフェインのものが適しています。

例えばミネラルがたくさん入っているルイボスティー漢方薬でも有名なたんぽぽ茶などはおすすめです。