葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を希望して、これから妊活を始める

妊娠を希望して、これから妊活を始めるご夫婦であれば先に婦人科などで不妊検査を受ける事が理想的です。

そうすると、妊娠するために相応しい体の状態なのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが早い段階から確認しておくことが出来ますから、妊活をお考えのご夫婦は、ぜひ不妊検査を受けてください。

医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、より健康的な赤ちゃんを授かる可能性も上がりますので、ご夫婦で検査を受けるようにしましょう。

妊活中は体が冷えてしまう事は避けたいものですよね。

なぜかというと、体が冷える事によって血行不良になり、子宮や卵巣の機能を不調にさせるかもしれないためです。

冷えは体の末端から始まりますので、もし、冷えを感じているならば、靴下を使って冷えを遠ざける「冷えとり健康法」を実施してみるなど、体を冷やさないように注意しながら、冷えをとるようにすると良いと思います。

なるべく体温を上げたり、代謝を良くしたりすると体の妊娠の可能性が高くなります。

日頃から運動をしないという妊活中の女性は、自発的に身体を動かすようにしてください、大変な運動でなくて構いませんので、運動の中でもストレッチやヨガのようなリラックスして出来るものが効果的です。

ここ最近ではヨガスタジオの中で「妊活ヨガ」なるものも登場しており、注目を集めています。

ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。

ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。

その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。

ヨガによって血行が良くなると、崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。

パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。

少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。

これは、体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。

果物を食べる事は妊活中であっても大変良いことは、ご存知かと思います。

でも、どうせ摂取するならば、さらに妊活に効果が出るような食べ方が出来たらもっと嬉しいと思います。

あまり知られていないのですが、果物によっては冷えをとってくれるものが存在します。

具体的に言うと、さくらんぼや桃、オレンジやりんご、ぶどうが当てはまりますね。

フレッシュな状態で食べることが出来れば良いのですが、それが難しいという方はドライフルーツでも効果が期待できますよ。