葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐や納豆

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。

鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、摂取が推奨されます。

ただ、総合的に言えば、さまざまな食材をとるのが健康維持にもつながるのも事実です。

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので今しばらくは我慢するべきでしょう。

様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。

フルーツで言うと、イチゴが代表的ですね。

あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると紹介されています。

または、柿やアセロラキウイフルーツも該当しますし、あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースで補給するのも良い方法だと言えますね。

妊娠の確率を上げるために大変重要なのは質の良い睡眠です。

人間は睡眠が足りない状態が続くと、体の中で活性酸素が作られてその結果、卵子精子が酸化されて劣化することになります。

年齢が上がっていくと同時に低下する性機能に、これ以上拍車をかけないよう、妊活の最中は睡眠をたくさんとるよう心掛けてください。

妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。

実際に厚生労働省によって妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。

それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿とか汗で流出します。

そのため、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。

とはいえ、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、指示された分量と用法を守ってください。

流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、妊活中の段階から十分な摂取が求められている葉酸についてですが、サプリを利用した摂取効果は血液検査をすれば明らかになります。

くわえて、葉酸以外で気にかけておく栄養素にビタミンの一種であるビタミンB12があります。

葉酸を摂りすぎてしまうと、ビタミンB12の摂取不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。