読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ビタミンB群である葉酸は、レバー、ほ

ビタミンB群である葉酸は、レバー、ほうれん草などに豊富に含まれているのですが毎日、毎食食べると考えればかなりの負担になり所要量を満たすのは結構難しいことです。

葉酸の所要量を満たしていくためには、食事だけを頼りにして必要な量の葉酸を摂ろうと思わず、栄養補助食品や薬も取り入れていくことです。

必要な量と摂っている量のバランスを考え、どうしたら良いか対策を立てて、毎日しっかり葉酸を摂るようにしたいものです。

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る力を強めるという働きがあります。

それは不妊治療にも効果を表し、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠確率が上がるというわけです。

そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。

他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。

とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しいということもあるでしょう。

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

そうした時にはサプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。

サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を済ますことが出来ます。

流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、妊活中の段階から十分な摂取が求められている葉酸についてですが、サプリメントを飲んだ時の効果は血液検査で容易に調べられます。

さらに言えば、この葉酸以外にも注目すべき成分値にビタミンの一種であるビタミンB12があります。

ビタミンB12は葉酸と関係があって、葉酸の過剰摂取のせいで、ビタミンB12の摂取不足がよく分からなくなる事があるそうですから、ビタミンB12の値にも注意するようにしましょう。

胎児が神経管閉鎖障害などにならないようにするため、葉酸というビタミンが大事な役割を果たします。

妊娠したら葉酸を多めに摂ることを厚生労働省もすすめているくらいです。

上手に葉酸を摂るためには、平均的な食生活を送っているだけでは葉酸をたくさん摂ることはかなり難しいと言うべきです。

葉酸を強化した食品やサプリメントを摂ることも考えて妊娠中の女性に十分な量の葉酸を毎日欠かさず摂ってくださいね。