読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中は特別、ストレスを溜めないように留意する

妊活中は特別、ストレスを溜めないように留意することが肝要です。

その観点から行くと、入浴中のリラックスは大事ですが、過度の負担は避けるべきだという観点から行くとお湯の温度が高すぎたり、入浴時間が長くなりすぎるのを控えた方がいいでしょう。

意外ですが熱は、人体に負担を掛けます。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けることが出来るという報告があるのです。

理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合はサプリメント葉酸を補給するのも大丈夫です。

いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。

この時に葉酸が大変重要な働きをするのです。

葉酸単体での吸収率は低いために、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。

ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中でどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。

簡単な判別方法としては、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。

アロマには心身のバランスを良くする作用があり、妊活の場面でも役立っています。

そのため、待合室にアロマを活用している病院まであるぐらいです。

妊活をしている女性の間では、ローズのアロマが人気です。

ローズのアロマオイルはホルモンバランスを調整し、ストレス解消の作用があります。

不安な気持ちを軽減し、女性ホルモンの分泌をよくするイランイランも試してみるといいかもしれません。

果物を食べる事は妊活中であっても良い効果が期待できます。

ですが、ただ果物を食べるだけでなく、いっそう妊活が捗るように果物を摂取できたら一番良いのではないでしょうか。

調べてみてわかったのですが、果物には体を温め、冷えの改善や予防に効果が高いものもあるそうです。

代表的なものは、ぶどうやさくらんぼ、りんご、オレンジ、桃などです。

季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライの状態のものでも十分効果は期待できますので、積極的に摂ってみましょう。