読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

見た限りでは関係ないもののように感じますが、

見た限りでは関係ないもののように感じますが、妊娠と歯の健康との間には大変深い関係性があるのです。

昨今の研究で、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、リスクを高めることが明らかになりました。

妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。

現在、妊活中で長らく歯科医に診てもらっていないなという心当たりのある方は、なるべく早く受診するのがベターです。

葉酸サプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってからそういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。

急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていて激しい下痢になってしまいました。

それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄剤を飲む羽目になりましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるようなサプリメントを飲めば、苦労しないで済んだのではないでしょうか。

下の子が出来ることを焦らずに希望してから気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、私と主人の健康状態に懸念を抱きました。

長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、これを機に細かく検査をしてもらい、問題なしであれば妊活に入りましょうと話し合って結論を出したのですが、思い出してみるとこの話し合いをしたことが私が妊活をはじめたきっかけでした。

妊娠する前も妊娠中も同様に可能な範囲で体に悪いものを排除していないといけません。

なので、妊活を行っている間は喫煙を控えましょう。

タバコは他の嗜好品がそうであるようにリラックス効果はあるものの、体にとっては有害です。

現時点で喫煙をする人は禁煙も妊活の一環として開始しましょう。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。

葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。

また、他にも枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。

このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは大変だという方は、無理をせずサプリを飲むことも間違いではありません。

サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ますことが出来ます。