読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私

妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私は葉酸が不足しないようにサプリメントを飲み始めました。

一日でも早く飲み始めなさいと、お医者さんには急がされましたが、では、いつまで飲めば良いのかとは一切話がありませんでした。

私の場合、1袋飲んだ後でサプリメントは終了にしていました。

最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、サプリメントをもう1袋買って、飲み始めました。

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。

レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。

妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、毎日の食事でとっていきたいものです。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、多くの食材から栄養をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので産後までは我慢したほうが良いですね。

子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、コーヒーなどといった飲み物がお好きで、飲み続けている方は注意が必要です。

コーヒーに含まれているカフェインというものは、冷えを招くことがあります。

冷えてしまうと血行不良になってしまい、妊娠を成立させるのに重要な役割を果たす子宮の動きが悪くなってしまいます。

たとえ好きな飲み物がコーヒー系の飲料でも、ついついカフェインを摂りすぎないように注意してください。

妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。

また、他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。

とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しい方は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。

サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、食事では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できます。

お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素の一つが葉酸です。

妊娠中、母子ともに葉酸がたくさん必要なのはもちろんですが、無事生まれた赤ちゃんにも、お母さんにも摂って欲しい栄養素だと言えます。

細胞分裂が最も盛んなのは妊娠初期であり、そのとき葉酸はたくさん必要になってくるので、可能ならば、妊娠を考え始めたときから葉酸を積極的に摂り続けると妊娠したときにあわてなくて済むでしょう。

食事だけで、妊婦の所要量を満たすことは案外難しいので、必要な量を摂るために、サプリメントなどを活用していくのが賢明です。