葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活の時に、産み分けについて興味があったので、本

妊活の時に、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。

上の子が男の子でしたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けを実践していました。

その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは緊張しましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。

妹が出来た、と家族で喜んでいます。

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。

それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。

しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示された規定量を必ず守るようにしてください。

友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。

できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言えば不機嫌になりそうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。

料金は1回2800円で安価でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。

それで、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。

幸い、ほどなくして二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

ちょっとでも早く子供を授かりたくて妊活を行う時、適切に栄養を摂ることは不可欠です。

太りすぎはいけませんがダイエットはひとまず控え、きちんと栄養を摂るようにしましょう。

おやつも栄養補給のために食べると思えば良いですし、食べすぎに注意すれば気分転換にも適しているでしょう。

妊娠してから時間をおいて、所要量の葉酸が摂取できていないとわかったら決して遅くはないので、すぐ行動を起こしましょう。

胎児の発育を順調に進め、出産までこぎ着けるために妊娠期間中ずっと、葉酸を摂り続けることが望ましいのです。

所要量の葉酸が摂れておらず、しっかり葉酸を摂らなければと考えるならばどんな手を使ってでも必要な量の葉酸を摂取するべく、必要な手を打っていくことが求められます。