葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず

人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず他の栄養素とともに血行を促進することが有名でしょう。

血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰痛、肩こり、冷え性不妊なども血液循環が原因とされているので、そうした症状を改善したい場合は意識して葉酸を多く摂るようにすると症状の改善につながるのではないでしょうか。

ビタミンEを、葉酸と同時に服用することで血行改善効果は相乗的に高まると言われます。

ビタミンの一種として、葉酸は人間が毎日摂らなければならないものです。

よほど食生活が偏っていなければ、サプリメントなどの必要はないとされますが妊娠初期は、胎児の発育のため特に必要なので葉酸をきちんと摂取できるようにしないとたちまち葉酸不足に陥る可能性もあります。

それなら、いつからサプリメント類を飲むのかと思うでしょうが、お腹に赤ちゃんがいることがわかったらすぐ始めればベストというのが一般的です。

また、妊活中の女性は意識して摂取して欲しいなどと言われることもあり、まだ葉酸の摂取には早い、とは言えないのです。

妊娠初期に特に多く摂りたいと言われるのが、葉酸というビタミンです。

葉酸は何に多く含まれるかを挙げると、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に豊富に含まれます。

加工食品の中では、納豆に多く含まれます。

海藻類や海苔なども葉酸が含まれているので食生活の中に上手に取り入れ、意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。

イチゴは葉酸を含む食材として知られており、間食で果物を食べたければ、イチゴにしましょう。

先天性の神経管閉鎖障害などの神経系障害が、胎児に起こるリスクを軽減するため妊娠中は葉酸を多めに摂取する必要があります。

妊婦は普段以上に葉酸を摂ることを厚生労働省もすすめているくらいです。

葉酸は水溶性で熱に弱いので普通の食材を普通に調理しているならば妊婦の所要量を摂り続けることはとうてい困難です。

サプリメントなどで不足分を補うようにして妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは摂れるようにしていきましょう。

私は、妊娠がわかったすぐ後でサプリで葉酸を摂るようになったのです。

病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいと強く言われましたが、サプリメントを飲む時期の終わりは最後まで何も言われなかったのです。

1袋空いたところで良いかと思い、サプリメントは終了にしていました。

最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、再開したのです。