葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

胎児が元気に成長するために最も重要な働き

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリを利用するのが、最もポピュラーですね。

実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。

殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。

妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体の健康維持を考える上でも欠かせない栄養素なんですよね。

こうした点から、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。

葉酸を多く摂るのはいつまでか、という疑問が生じると思いますが、理想としては、授乳が終わるまでの期間でしょう。

もしそこまで長く摂れないようであれば、どんなに短くても妊娠中期までは葉酸の摂取を意識してほしいです。

というのも、葉酸は胎児だけでなくお母さんが元気で過ごすためにも必要となる栄養素なので栄養のアンバランスを招かないように常に気をつけるべきだからです。

栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということが広く知られるようになりました。

赤ちゃんを健康に育てるためだけでなく、母体の貧血や妊娠中毒症を防ぐためにも葉酸は役に立つのです。

それでは、いつ必要になるのかと聞かれるとなかなかわからないものです。

赤ちゃんが葉酸を一番必要とするのは妊娠直後です。

出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、妊娠中と同じくらいの量を摂るようにしましょう。

「妊活」、それは妊娠という大変重要な神秘に包まれた現象をコントロールするもので必ずしも成果が表れるものではありません。

ですから、道半ばで諦めてしまうことも多いようですが、それは大変残念なことだと感じます。

成功の可能性は高くなっていますのでそう深く考えないで、自分のペースで続けてください。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。

また、流産といった危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。

厚生労働省の発表によりますと、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも賢い方法だと言えます。