葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと妊娠する前に比

必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと妊娠する前に比べて増えます。

妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ最もよいといわれています。

葉酸の重要性は知られていますが、摂りすぎには十分注意してください。

所要量を大幅に超える葉酸を摂ると、発熱、かゆみなどの身体症状を引き起こす可能性があるので、毎日たくさん摂るのも考えものです。

当然のことですが、妊活の最中は体の健康を保持することが絶対条件です。

その為に重要視すべきことは、栄養バランスを保つことと、適度に体を動かすことです。

体重が増えすぎることを防ぐ意図もあるのですが、血行を良くして、体の栄養分のやりとりをスムーズにさせるということも大きな目的の一つです。

例えば、きつくない程度のウォーキング等が最適です。

熱によって失われやすい葉酸は、葉酸摂取を目的とした調理において、注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。

葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。

とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。

加熱しなければいけない場合、長時間の加熱は避けて、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。

しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時は葉酸サプリで摂取するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。

貧血になってしまうのは鉄分の不足によるものだと思う方が多いかもしれませんが、実のところ、貧血はいくつかの原因によって起こるとされいつでも鉄分不足だけが主な理由だと考えるのは正しくありません。

葉酸不足による貧血も少なくないので、鉄剤などで鉄分を摂っても、症状が良くならない場合は葉酸も強化して摂取することで貧血の改善が見られることもあるのです。

妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。

とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。

効率的な摂取のタイミングは、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。

逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、空腹時での摂取はおススメしません。