葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと

必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと妊娠していない人より多くなり、妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ理想的だとされます。

ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、過剰摂取にならないよう気をつけましょう。

葉酸の過剰摂取が引き起こす問題として熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を起こす危険もあるとされるので、くれぐれも摂りすぎにならないようにしてください。

その味や食感が様々な料理に使われているクリーミーな食材として知られるアボカドは、炭水化物や植物性脂肪の他、葉酸がかなり多く含まれています。

毎日健康に過ごすために、葉酸の摂取はいろいろと役に立っています。

良質の赤血球を増やし貧血を防ぐ、そして子供がお腹の中にいる間、子供に栄養が十分行き渡るようにして発育を促すなど、いつでも誰でも摂らなければならないビタミンなのです。

よく言われているように、妊活する女性にとって、体を冷やしてしまうことは望ましくないものです。

体が冷えてしまうと血行不良になって、子宮や卵巣といった女性にとって大事な臓器の働きを悪化させるおそれがあります。

多くの場合、冷えは足先から感じるようです。

いま、冷えに悩まれている方は、「冷えとり健康法」などの簡単な方法で体を冷やさないように工夫して、積極的に冷え性改善を実施するようにするのがおススメです。

とりわけ妊娠中の女性ならばいろいろな栄養が必要ですが、中でも葉酸は大切です。

葉酸という名の通り、葉物を中心とした緑黄色野菜に多く含まれると考えてください。

よく知られている食材としてはほうれん草、それに、枝豆が代表的です。

ほうれん草はさらに、葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も多く含む食材として有名なのでぜひ毎日の献立に取り入れることをすすめます。

皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲むことはあまりお勧めできません。

というのも、体を冷やす成分であるカフェインを含んだコーヒーは、体を温める必要のある妊活中にはあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。

とはいっても、今までコーヒーをいつでも飲んでいて我慢できないという人は、結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、1日に2、3杯のコーヒーを飲んだ方が健康的だと言えます。