葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

少子化が深刻化するにつれて、

少子化が深刻化するにつれて、男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、今日の日本の医学において確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。

そういったことはよく分かっており、やはり「挑戦したい」というならば、後述の方法をやってみてください。

男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に性交渉を持つことが効果があると言われているようです。

他の栄養素に優先して、葉酸は子供のために意識して摂取することを、妊娠初期から続ける必要があるくらい大事なものです。

多くの製薬会社や健康食品会社で主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、買うときに大事なのは、配合されている成分を全て確認することです。

特に、妊娠初期は身体が敏感になっているので合成添加物や香料を排除した体に害を及ぼさない製品にしましょう。

妊活をしている時は体を温めるものを選んで食べるようにしましょう。

野菜の中でもとりわけ、大根、ごぼう、人参のような根菜類は、積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。

それに対して、身体を冷やす作用のあるものは、きゅうりやなす、トマトといった夏に収穫される野菜類です。

また、果物はデザートとして少しの量を摂るだけならいいですがジュースとしてたくさん飲んでしまうと体を冷やしてしまうのであたたかい飲み物がベターです。

妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。

不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。

妊活中において、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。

妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、それから、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。

赤ちゃんを望む夫婦どちらにも是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。

大抵、女性に関しては赤ちゃんがほしいなら、飲酒は控えるよう指導される場合が多いです。

それは、妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて女性が自分でも妊娠していると分かっていない時にお酒が胎児に影響しないようにするためです。

そして、アルコールの作用によってホルモンバランスが乱れたり冷えを引き起こす原因となるため、妊娠しやすい状態であるためには向いていないものだからです。