葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠中に葉酸が不足すると胎児の発育

妊娠中に葉酸が不足すると胎児の発育が阻害される危険性が増します。

ことに神経管閉鎖障害という異常を起こす結果になることがあり、重篤なケースでは無脳症になり最終的には流産や死産になるのです。

そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、妊娠初期のうちに葉酸を必要とされるだけ摂るように努めましょう。

いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。

この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。

葉酸単体での吸収率は低いために、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。

総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとってどんな栄養素が必要であるのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。

そのような場合は、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。

粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。

妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。

ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。

ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。

さらに崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。

パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。

軽く運動する事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。

妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。

胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。

葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというとあまり現実的ではありません。

ですから葉酸サプリを利用することをお勧めします。

ビタミンB群として、葉酸は水溶性なので水に溶けやすい特長があります。

加えて、熱に弱いという特徴も持っているため、水に長く浸したり、長い時間加熱したりすれば葉酸が半分以下に減ってしまうこともあるのです。

とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのは実際にはとても無理です。

このことを踏まえるなら、調理中も長時間の加熱を避けるなど、小さな工夫を積み重ねるのが葉酸を効率よく摂る上で重要なポイントでしょう。