葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。

この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。

それでは、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなっても良いのかというと決してそうではないんですよね。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を下げてくれるという意味では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。

葉酸はビタミンMともいい、妊娠初期に特に大事です。

というのも、胎児の脳や神経系の形成に、葉酸が発育を促進する働きをするからです。

葉酸が豊富に含まれる食材は何か全く見当がつかない、わかっていても毎日たくさん食べるのは難しいといった問題があるならば、青汁などを補助的に飲んで、必要な量を摂っていきましょう。

健康な赤ちゃんが生まれるように、積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。

胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。

この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

胎児が健康的に成長するためにも、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。

妊活とは何ぞや、というと、言葉のとおり、妊娠をするために行う活動全般のことを指していいます。

もちろん、子作りさえすれば、必ず妊娠が成立するということはなく、赤ちゃんを授かりたいと考えている夫婦にとっては妊娠しやすくするためになされる手段といえます。

加えて、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われるいろいろな活動も含まれます。

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では全体の約4%というのが平均的な数値です。

奇形のリスクは高齢出産などで高くなりますが、奇形の防止に効果が認められるビタミンと言えば葉酸だということが知られるようになってきました。

赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、その意味では、葉酸とは妊娠中の女性に一番大切な栄養素だと言い切っても言いすぎることはありません。