葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中の女性に対して、葉酸の摂取

妊活中の女性に対して、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に十分な葉酸を摂取できない場合は、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

こうした事を踏まえ、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、日常的な食事以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。

葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。

葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、母体にとってもとても大事な栄養成分ですから、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。

妊活をしている方はご存知かもしれませんが、妊活の効果的な方法としてぜひ普段から実践していただきたいものが、何と言っても骨盤の歪みの矯正でしょう。

妊活中の体に適したお手軽なストレッチを紹介する動画もたくさん見られるようになってきました。

直接的に妊娠に繋がる子宮や卵巣は骨盤内に納まっています。

そのため、骨盤の歪みを取って血行を正常に戻してあげれば体の内部から健康になり、妊娠に適した体がつくられるという事になります。

サプリメント葉酸を摂取するのは、妊娠初期からずっと続けていましたが、無事に妊娠初期を過ぎた頃に赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、飲めるだけの牛乳を飲んでいました。

自分の身体には大量の牛乳が合わなかったようで、吐き気がして、お腹を壊してしまいました。

その後は、血液検査で引っかかり、貧血の診断を受けて鉄剤を飲む羽目になりましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合されたマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。

妊活をするにあたっては、まずはきちんと産婦人科などに行って必要な検査を受けておくのが好ましいです。

体に問題が発見されない場合でもその道のプロから妊活が捗るようなアドバイスを貰えますし、基礎体温から排卵周期を知ってちょうど妊娠しやすい性生活をもつタイミングの指導をしてもらえますから、実際に妊娠する前から産婦人科や専門の医療機関を受診し、不安の少ない状態で妊活をするのが良いでしょう。