葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

なかなか妊娠に繋がらないと、心も体

なかなか妊娠に繋がらないと、心も体も疲弊していきます。

ストレスというものは生殖機能に悪い影響を及ぼすのでそのままでは悪循環に陥ってしまう恐れがあります。

ですので、いっそのこと妊活を休止する決断をすべきかもしれません。

本当に、妊活休止後、間もなくして妊娠することが出来たという人はよくいます。

年齢のタイムリミットを考慮し、医師ともよく話し合って一度休んでみることも考慮してはいかかでしょう。

今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。

例えば、妊娠前から葉酸を適切に摂取した方が良いと何かの雑誌に書いてあったので、意外でした。

胎児が健やかに育つために重要な成分らしいです。

妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。

ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合はサプリを使うのも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。

安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。

胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのがお勧めです。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。

胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時での摂取はおススメしません。

葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、注意するようにしましょう。

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか管理しやすい為、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には良いですよね。

不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。

ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。

早く赤ちゃんを望む周囲の期待や焦りといった感情が不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるパターンもあって、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大切です。