葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

これまでほとんど便秘することはなかったのに

これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方はけっこう見受けられます。

この便秘を防ぐためにも、腸の中で細菌が正常に働いていないと栄養の摂取にどんなに気をつけていても、栄養素はしっかり吸収されず、体内で働くこともできなくなります。

葉酸などの栄養素も、腸内細菌の働きによって体内に吸収されるので、栄養をきちんと摂ることと並行して、腸内環境の整備も常に気づかうのが賢明です。

ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を下げる効果が認められています。

理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメント葉酸を補給するのも問題ありません。

不妊の一因は冷え性だともいわれています。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、栄養不良に代謝不良が重なって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ちるといった報告があります。

このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。

血液の循環を良くして自律神経の働きを促し、リラクゼーションも期待できます。

ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。

葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といったいわゆる青菜のものが多いです。

赤ちゃんを授かったあと、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。

葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆や貝類を食べるのをおススメします。

最近、だいぶ浸透してきた話ですが、葉酸は妊娠中に必要なだけでなく、授乳している間も摂って欲しい栄養素なのです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれる前と同じくらい全身で細胞分裂が盛んに行われて、人としての発達を遂げるのです。

そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。

さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしており母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、妊娠を希望したときから、赤ちゃんがミルクや離乳食で栄養を摂れるようになるまでの間、必要な量の葉酸を摂っていきましょう。