葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠したい女性は特に必要な栄養をきちんと摂るよ

妊娠したい女性は特に必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、妊娠初期に葉酸の不足が続くと、胎児の神経系に障害が発生しやすくなることが知られています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、摂取しても尿に溶け出しやすいので毎日摂取しないといけない栄養素だということを忘れないで欲しいのです。

その名の通り、モロヘイヤ、ほうれん草といった葉物野菜、またレバーなどは葉酸が豊富な食材なので、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。

次は女の子が欲しいと決心してから、あらゆる本やサイトに載っている男女産み分け法をとことん調べました。

例えば、野菜はアルカリ性なので女の子、肉を食べると血液が酸性になって男の子が生まれるなど中には相当怪しいものもありましたが、可能な限りの方法を試してみました。

そのうちに新しい命が授かり、重いつわりで食べられなかったときも葉酸サプリをきちんと飲んでいたためか待望の女の子を授かりました。

妊娠初期には葉酸が不足しがちということは今や常識でしょう。

しかし、本当は妊娠1ヶ月前から継続して葉酸を摂ることがおすすめだと理解していましたか?妊活を考えたときこそ葉酸サプリなどの摂取をおすすめする時期だと言えるのです。

妊娠に向けてがんばりたい、と思うなら意識して葉酸を摂ることから始めましょう。

妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。

このことは何を意味しているかというと、妊活における男性の役割は大変重要だということを表しています。

女性にしか出産はできませんので、ひょっとすると、妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、夫の協力が得られなければ、妊娠出来る確率が下がってしまいます。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

母子ともに健康な体でいるためにも、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると一日当たり0.4mgと発表されています。

野菜だけで補おうとすると葉酸不足の心配もあります。

ですので葉酸サプリで補給するのが良いと思います。